•   

無罪を証明して欲しい

冤罪を晴らすため、最善の弁護活動を行います

前科とは

刑事裁判は99.9パーセントが有罪となります。ベリーベスト法律事務所は、冤罪で逮捕されてしまった方の味方になります。疑いを晴らすために、弁護活動を全力で行います。

捜査機関の思惑

捜査機関はあなた(の大切な方)が犯人であるという疑いをもって取調べを進めています。また、一度自白調書に署名押印させれば、裁判でそれを覆すことは難しいので、捜査機関はなるべく早く自白を取ろうとして取調べを進めます。

被疑者の精神状態

長時間におよぶ身柄拘束や威圧的な取調官の態度によってあなた(またはあなたの大切な方)は心身ともに追い詰められていってしまうことがあります。弁護士 は慣れない環境で心細い思いをしているあなた(の大切な方)と接見して、不安を取り除く事に努めます。また、逮捕されてしまった方にとって有利な証拠は、 時間の経過に伴い消えていく可能性があります(目撃証人の記憶が時間の経過により薄れる等)。

安易に取り調べに応じるのは危険です

  • ・虚偽の自白をしてしまうおそれがあります
  • ・調書が作成されてしまうと、覆すのは困難です

捜査機関は何とか自白させようと取調べを行い、その取調べで追い詰められていってしまい、苦しい取調べから解放されたい一心で、虚偽の自白をしてしまう ケースもあります。虚偽であっても自白の内容が記載された調書が作成されてしまうと、裁判では重要な証拠となり、裁判においてそれを覆すことは難しいです。

その結果、何ら罪を犯していないにもかかわらず、有罪判決が下されてしまうかもしれないのです。取り調べ前に弁護士に相談することで、取り調べの対処方法を知る事ができ、取り調べの不安を取り除くのに役立ちます。

もし、虚偽の自白をさせられたら

最後まであきらめずに冤罪であることを主張する必要があります

仮に、事実とは異なる虚偽の自白をしてしまい、その旨を記載した調書が作成されてしまった場合でも、最後まであきらめずに無実を主張していく必要がありま す。自白が虚偽であることや、取調べの違法性を裁判で主張し、調書を証拠とすることはできないと訴え続けることが大事です。

冤罪を晴らすために弁護士だからできることがあります

  • ・取調べの対処方法をアドバイスします
  • ・任意同行に付き添います
  • ・被疑者に有利な証拠を集めます
  • ・虚偽の自白であったと主張します
  • ・被疑者を精神的にサポートします

検察官や裁判官に冤罪を主張し、元の生活に戻るためには、すこしでも早く弁護士にご相談いただくことが大切です。

無罪判決を獲得した場合のメリット

前科が付かない

不起訴処分や無罪判決で事件が終了すれば、前科がつくことはありません。不起訴処分になれば「不起訴処分告知書」という書面を、無罪判決になればその旨の 「判決書」を入手することができるため、これらを用いて、あなた(またはあなたの大切な方)が有罪でなかったことを説明し、ご自身の名誉を回復することができます。

刑事施設から釈放される

警察に逮捕・勾留された場合でも、証拠が十分にそろっていない等不起訴処分が見込まれる事件では、処分保留のまま留置場から釈放されることがあります。また、事件が起訴され、保釈が認められないような場合でも、無罪判決が下されれば、直ちに留置施設から釈放されます。無罪判決で釈放された場合は、極めて例外的な場合を除いては、再度の勾留はされません。

国家に補償を請求できる

日本国憲法は、「何人も、抑留又は拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、法律の定めるところにより、国にその補償を求めることができる。」と規定し、勾留された被告人に無罪判決が下された場合は、国家に対し金銭による補償を請求できることを定めています。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。