•   

家族と連絡をとりたい

大切な家族と連絡をとるために

前科とは

ひとたび逮捕されると、日頃どれだけ気丈夫な人でも大変なショックと不安に陥ります。ベリーベスト法律事務所は、慣れない環境で心細い思いをしているご家族と接見し、不安を取り除くことに努めます。大切な方と面会できるように接見等禁止の解除の申し立てを行います。面会に関するあらゆるお悩みを私たちにご相談ください。

逮捕されてから勾留決定までの間はご家族でも面会できません

逮捕されてから勾留が決定するまでの最大72時間は、ご家族やご友人は被疑者と面会することができません。この時に面会できるのは弁護士だけです。ご家族やご友人は勾留された後から面会が可能になります。

否認事件や共犯者がいる事件の場合、接見禁止となるおそれがあります

通常、ご家族やご友人は、警察官の立会のもとで定められた時間内に限り被疑者と面会することができます。しかし、被疑者が犯罪事実を否定している場合や、組織的犯罪が疑われる場合、ほかに共犯者がいる場合などでは、面会によって証拠隠滅が指示されるおそれがあるため、接見禁止とされる傾向があります。

家族・知人が面会するためには、さまざまな規則があります

ご家族・ご友人の面会は、
  • ・取調べの対処方法をアドバイスします
  • ・任意同行に付き添います
  • ・被疑者に有利な証拠を集めます
  • ・虚偽の自白であったと主張します
  • ・被疑者を精神的にサポートします

※差入れについて
衣類・洗面用具などの生活必需品や現金の差入れは、留置期間・勾留期間を通じて可能ですが、各警察署によって差入れについてのルールが異なりますので、あらかじめ警察署に問い合わせるのが無難です。食物の差入れはできません。

面会に関して弁護士だからできること

弁護士ならいつでも接見できる

一般の方の面会の場合、平日の9時~17時の間で一回15分までとされていることが多く、一日に一回までしか面会ができないのが一般的です。 これに対し、弁護士が接見を行う場合は、土日祝日の面会も可能で、時間制限もありません。一日に何人と接見することも可能です(一日に複数の弁護士と、何度も接見することも可能です)。

警察官の立会いがない

一般の方の面会の場合、接見する部屋には警察官が立ち合い、会話の内容が記録されます。これに対し、弁護士による接見の場合、警察官はこれに立ち会うことができず、秘密が保障されています。被疑者は誰に対する気兼ねもなく、弁護士に自由に話しができるので、事件の内容を説明することや今後の捜査への 対応を相談することができます。

面会禁止の制限を受けずに、いつでも接見できる

弁護士以外の一般の方は、裁判所から面会禁止の処分が下されれば、一切面会ができなくなります。これに対し、弁護士の場合は、裁判所が面会禁止の処 分を下したケースでも、自由に被疑者と面会することができます。被疑者・被告人には、憲法上、弁護士と自由に面会する権利が認められているからです。

今すぐベリーベストにご相談ください

警察に逮捕され、留置場や拘置所に入れられてしまった被疑者は、大変心細い思いをし、自分の味方は誰もいないのではないかという心境に追い込まれます。その結果、自己の正当な権利も主張することなく、捜査機関側の言いなりに不利な供述をしてしまうことがあります。

そのため、できる限り早い段階から、精神的な支えとなる存在や自己の権利について法的アドバイスをする専門家の存在が不可欠となります。

このように、接見は、被疑者とご家族を精神的に支えるというだけではなく、最終的な処分に影響が生じる、極めて大切な活動なのです。ご家族が逮捕・勾留された、あるいは、ご自身やご家族が逮捕・勾留されそうという場合には、早急に弁護士に相談されることをお勧めします。

突然、家族が逮捕されてしまったあなたへ
ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。