•   

刑事事件の流れ

弁護士が早い段階から活動を行うことで、起訴前に示談に持ち込んだり、裁判での弁護に必要な情報が蓄積でき、不起訴処分の獲得につながったり、執行猶予付きの判決となり、実刑をまぬがれるなど有利な内容の判決となる可能性があります。

逮捕から起訴され裁判になるまでの流れ

逮捕から起訴され裁判になるまでの流れ

チェックポイント①
逮捕( 最大72時間拘束)

逮捕直後のポイント

チェックポイント①

逮捕から48時間以内に送検するか、釈放するかを決める必要があります。この逮捕後の取り調べの段階で自由に接見(面会)できるのは弁護士だけです。

弁護士ができること

接見した際に、事実の確認や捜査を受ける際の助言をします。また被害者との交渉を代わりに行います。被疑者側の主張を裁判所や捜査機関へ伝えるのが弁護士の重要な役割です。

チェックポイント②
勾留( 最大20日間拘束)

逮捕直後のポイント

チェックポイント②

送検後は 24時間以内に「勾留請求」か「釈放」かの判断が行われます。勾留の場合、最大20日間の取り調べにより起訴の是非が決まります。

弁護士ができること

送検から起訴 決定の間に、被害者との示談交渉や、嫌疑を晴らす証拠の提示

弁護士ができること

起訴の回避や、短期間での釈放につながります

チェックポイント③
起訴後~裁判( 1年近くかかる場合も)

逮捕直後のポイント

チェックポイント③

起訴が決まると、裁判所で審理が行われます。事案によっては、1年近くかかる場合もあり、長期間にわたる弁護活動は、被告人や家族にとって大きなサポートとなります。

弁護士ができること

無罪を求めるための立証を行ったり、被告人が有利となるような事情や情報を裁判官側へ提示し、減刑を促します。

チェックポイント④
身柄拘束されずに捜査される事件

任意聴取同行サービスのご案内

■任意聴取同行サービスのご案内
捜査機関に犯罪の容疑をかけられ、事情聴取のため出頭するよう要請された場合、誰もが計り知れない不安を抱くと思います。場合によってはその不安に押しつぶされ、やってもいない犯罪を認めてしまうということも起こりえます。かと言って任意聴取に応じないと逃亡のおそれがあるなどして逮捕されるリスクが事実上高まります。 そのようなとき、ベリーベストでは、弁護士が聴取に同行することにより、不安を緩和すると同時に、無用な逮捕がなされないよう尽力する「任意聴取同行サービス」をご利用いただけます。

弁護士が任意聴取に同行する4つのメリット
  1. 1. 取調官に心理的プレッシャーを与え、無理な取り調べがしずらくなる
  2. 2. 精神的なサポートを行うことで、不利な供述を強要されることなどを防ぐ
  3. 3. 早期の段階から弁護活動を準備できる
  4. 4. 身柄引受書を提出するなどして無用な逮捕がなされないよう尽力します

任意聴取に関連するページのご案内

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。