•   

弁護士に依頼するメリット

事件解決の専門家である弁護士に早期依頼を!

刑事事件を早期解決するために、弁護士に依頼することで様々なメリットがあります。

不起訴を獲得したい方

不起訴を獲得したい方

警察官や検察官の取調べに対しどのように供述すればよいかについて、弁護士が適切にアドバイスをし、迅速な解決に導きます。不起訴処分が妥当であることを検察官に説明するなどの弁護活動により、不起訴処分を獲得できる可能性を高めます。

無実を証明したい方

無実を証明したい方

取り調べの対処方法のアドバイスや、ご本人に有利な証拠を集めるなど、冤罪を晴らすための、最善の弁護活動を行います。

会社や学校に知られたくない方

会社や学校に知られたくない方

弁護士が検察官や裁判所に対し、早期釈放をすべきであることについての意見書を提出する等の弁護活動で勾留阻止を目指します。職場への情報流出、失職を防ぐため、最善の弁護活動を行います。

有利な条件で示談したい方

有利な条件で示談したい方

被害者は、加害者本人には連絡先を教えないことが多く、事実上、示談できるのは弁護士だけです。弁護士を通じて被害者と有利な条件で示談を締結することが可能です。示談金を払うことになりますが、示談をすることで不起訴処分となる可能性が高まり、原則としてそれ以上損害賠償請求をされるおそれがなくなります。

起訴後、身柄解放して欲しい方

起訴後、身柄解放して欲しい方

裁判が終わるまでは数カ月かかることもあり、実刑になれば刑務所へ行かなければならなくなります。弁護士が迅速に保釈請求を行い、早期の身柄解放及び執行猶予等を獲得することを目指します。

逮捕中、自由に面会(接見)できるのは、弁護士だけ!

弁護士なら制限がありません!
家族・知人には制限があります
  • 土日、早朝夜間も可能
  • 人数制限なし
  • 警察の立会不要
  • 接見禁止の場合も可能
  • 平日9時~17時まで
  • 1日1組3人まで
  • 警察が立会い、メモされる
  • 接見禁止の場合不可
接見禁止がついているので、面会ができないと言われた方へ

接見禁止がついていると、弁護人以外の者と被疑者との面会その他の交信手段が制限されているため、家族であっても被疑者と面会することはできません。

弁護士に「接見禁止の解除」を依頼

弁護士に依頼することで、接見禁止に対する不服を申し立て、又は、一部でも解除するよう裁判官に働きかけることによって、家族との面会を実現できるよう活動します。

弁護士に依頼するメリットに関連するページのご案内

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。