•   

窃盗

窃盗

業務を妨害した場合は業務妨害罪が成立します。公の業務を妨害した場合は公務執行妨害罪が成立します。

業務妨害罪の場合

窃盗事件では、盗んだ金銭や物の価値がわずかで、同種の前科・前歴がない場合には、被害弁償をした上で、示談をすれば、不起訴処分を獲得できる可能性が高く、前科がつくことも防ぐことができます。 ただ、同種の前科や前歴が多数ある場合には、被害者と示談が成立しても事件が起訴される可能性があり、注意が必要です。

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。