•   

児童ポルノ法違反事件の実績豊富な弁護士と30分以内にお話しができます!

前科がつき手遅れになる前に

  • 26
  • 100
  • 18
  • 児童ポルノ法違反事件のご依頼をお急ぎの方、すぐにこちらをご確認ください!

      • 児童ポルノ法違反事件に精通した刑事弁護専門チームの弁護士が待機。お電話後、30分以内に弁護士に相談可能
      • お電話で、弁護士から今後の見通し弁護士費用の見積りをお伝えします
      • 弁護士が警察署へ急行し、早期釈放を目指します
      • 初回相談料は無料、緊急接見費用は、5万円
      • 全国18支店で、平日夜間・土日含め、365日対応

      ※ご相談にはご来所をお願いするケースがあります

今すぐベリーベストへご連絡ください!

児童ポルノ法違反事件に巻き込まれてお困りの方 ご家族が児童ポルノ法違反で逮捕されてしまった方 児童ポルノ法違反事件を会社に知られたくない方

前科をつけず、不起訴処分を勝ち取るために!

児童ポルノ法違反で逮捕!起訴され前科がついてしまったら

児童ポルノの提供を受けた場合の適用法令

児童ポルノ法(児ポ法)違反

児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律(いわゆる「児童ポルノ法」平成11年5月26日法律第52号)

児童ポルノ法違反とは?

「児童買春」は、対価を払って18歳未満の者と性的な行為を行った場合に成立します。
なお、相手が13歳未満であった場合には、刑法の強制わいせつ罪又は強姦罪に問われる可能性があります。

具体的な児童ポルノ法違反の例
  • ・18歳未満の出演するアダルトビデオを売った。
  • ・児童ポルノの写真を売ろうとして、大量に所持していた。
  • ・公園で着替えをしている小学生を携帯で撮影して保存した。
  • ・インターネットで知り合った女子高生に、自分の裸を撮影させて、メールで送ってもらった。
  • ・児童の性的な画像をインターネットの掲示板に投稿した。
児童ポルノ法違反の罰則
  • 1年~5年の懲役
  • または
  • 100万円~500万円以下の罰金

※行為態様によって異なります

裁判が終了するまで、1年以上かかることもあります!

刑事上の罰則以外にも!児童ポルノ法違反で起訴された場合のリスク

  • 就職時に調査されることも
  • 海外渡航が制限される
  • 職業が制限される
  • 結婚する際に反対される

前科をつけず、不起訴処分を勝ち取るために!

逮捕後から勾留決定まで、ご家族でも面会できません。

逮捕
(最大72時間)
勾留
(最大10日間)
起訴
勾留延長
(最大10日間)

72時間以内に釈放できないと、20日間勾留されます。
逮捕後、自由に接見できるのは、弁護士のみです。

勾留後、20日間に不起訴を獲得できないと、起訴され前科がつきます。弁護士の活動によって、不起訴を獲得するための最後のチャンスです。

警察に最大23日拘束された場合・・・

  • ・会社をクビになる
  • ・学校を退学処分になる

起訴されると99%が有罪、一方、起訴率は35%
前科をつけないよう、不起訴になることが重要です。

刑事弁護の流れを漫画で解説!

児童ポルノ法違反事件を早期解決!児童ポルノ法違反事件の特徴

児童ポルノ法違反では、
示談の必要性の見極めが重要!

児童ポルノ法違反の場合、親告罪でないこともあり、示談が処分に影響を与えないケースも多いです。示談について、検事の意向や処分への影響を見極め、早期釈放・不起訴のために示談が必要かの見極めが重要です。

児童ポルノ法違反事件の特徴

弁護士なら、事件の発覚や逮捕の見込みが判断が可能!

  • 児童ポルノ法違反は、児童がいつ大人に犯罪の相談をするのかわからないので、犯罪がいつ発覚するのかわかりにくい犯罪です。
  • 弁護士に事前に相談していれば、逮捕された場合に迅速な対応が可能です。逮捕される見込みも判断できます。
児童ポルノ法違反で示談した場合の示談金の相場は?
児童ポルノ法違反の場合、一般的な示談金の相場は、100万円から200万円程度ですが、被害者が納得するかどうかが決め手なので、具体的な事件ごとに判断せざるを得ません。
公務員の場合は、失職リスクが!特に注意が必要
国家公務員・地方公務員は、禁固刑以上の刑に処された場合には、失職してしまいます。起訴前に、早急に弁護士に依頼し、示談の必要性を判断し、適切な対応を獲得することが重要です。

児童ポルノ法違反で逮捕!
会社にバレずに早期解決するための3つのポイント

児童ポルノ法違反容疑!発覚前に対応できることも
弁護士が発覚・処分の見込みを判断し、適切な準備が可能

児童ポルノ法違反は、児童がいつ親に相談するのかわからないことから、いつ犯罪が発覚するのかがわからない場合があります。ある日突然逮捕される場合もあります。

ポイント1
ベリーベストの弁護士なら

今後の発覚の可能性、警察に発覚したときにどのような処分されるかを見込んで、今後に備えた準備ができます。自白についてもサポートすることで、刑事処分を免れる活動をします。

警察署で早期釈放されるために
弁護士が検察官と交渉!異議申し立てをすることで早期釈放も

児童ポルノ法違反で逮捕されると、警察で1日~2日、児童ポルノ法違反容疑に関する取調が行われ、そのまま検察官の取調べを受け、勾留されると最大23日間拘束されます。すぐに刑事弁護に強い弁護士にご依頼ください。

ポイント2
ベリーベストの弁護士なら

弁護士が警察署へ出頭し、異議申し立てをすることで、逮捕せず数時間の取調べの後に解放される可能性があります。

児童ポルノ法違反で前科をつけないために
被害者との示談や贖罪寄付をサポート

児童ポルノ法違反の被害者のプライバシーが関わるので、被害者の意向が重要になります。公益にかかわる罪なので、示談をしたからといって処分に影響を与えない方針をとる検事もいます。

ポイント3
ベリーベストの弁護士なら

検事の意向や処分の見込みなどを検討し、示談や贖罪寄付などで適切な方法を検討し、交渉をすることで、刑事処分を免れることを目指します。

児童ポルノ法違反事件の弁護方針

逮捕される見込みを検討し、最適な手段を検討いたします

事情を聴いて、発覚の可能性、逮捕の見込み等について判断し、自首等を含めた現在準備できる最良の対応を提示します。

すぐに弁護士に依頼を!

警察への対応を熟知した弁護士が、警察への対応のアドバイスをしたり、取り調べ同行することで、逮捕されるのを防ぎます。

不起訴獲得実績多数!ベリーベストの解決実績!

児童ポルノ法違反・傷害をはじめ幅広い犯罪の解決実績

  • 不起訴獲得数
    131
  • 示談数
    123
  • 身柄解放数
    123
  • 執行猶予数
    86
解決実績の一例
児童ポルノ法違反
電車内の児童ポルノ法違反で逮捕、弁護士の迅速で粘り強い交渉で示談・不起訴を獲得!
児童ポルノ法違反
児童買春事件の被疑者が弁護士とともに自首をし、被害者との示談も成立させたことで不起訴(刑罰刑のみ)を勝ち取った。
児童ポルノ法違反
半年前の児童買春により逮捕。相手女性が18歳未満と思わなかった旨を訴え、故意がないことを粘り強く主張し続けた結果、不起訴処分に。

よくある質問

ベリーベストが選ばれる理由

    26
  • 弁護士が警察署へ急行し、早期釈放を目指します。
  • 刑事弁護専門の弁護士が待機。お電話後、30分以内に弁護士と相談可能。
  • お電話で、弁護士から今後の見通し弁護士費用の見積もりをお伝えします。
  • 365日24時間警察署へ急行できるよう専用車を配備し、弁護士がお電話を待機して待っています。
  • 痴漢、傷害事件など
    専門チームが幅広い犯罪に対応
  • 釈放・示談・不起訴
    獲得した豊富な刑事弁護実績!
  • 全国18支店約100名
    弁護士が365日対応
  • 遠方弁護士にも
    依頼できる最新のTV会議システム
  • 弁護士自首同行する
    「任意聴取同行サービス」
  • 初回相談料無料
    明瞭な料金体系

初回相談無料!明瞭な料金体系

  • 被疑者、被告人となった方、またはそのご家族からの
    初回相談無料
  • 緊急接見費用5万円
  • 起訴前弁護・起訴後弁護ともに
    着手金30万円~  報酬金30万円~

全国18拠点、約143名の弁護士がスピード対応

平日夜・土曜・日曜相談可能 / 全国対応可能

ご相談から解決までの流れ

初回接見と通常の相談の流れ

  1. STEP1メール・電話で初回無料相談申込
  2. STEP2弁護士から弁護方針・費用見積もりのご案内
  3. STEP3ご来所・初回無料法律相談
  4. STEP4初回接見ご依頼(逮捕・勾留中の場合)
  5. STEP5刑事弁護のご依頼
問 題 解 決

トピックス

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。