•   

脅迫事件の実績豊富な弁護士と30分以内にお話しができます!

前科がつき手遅れになる前に

  • 26
  • 130
  • 18
  • 脅迫事件のご依頼をお急ぎの方、すぐにこちらをご確認ください!

      • 脅迫事件に精通した刑事弁護専門チームの弁護士が待機。お電話後、30分以内に弁護士に相談可能
      • お電話で、弁護士から今後の見通し弁護士費用の見積りをお伝えします
      • 弁護士が警察署へ急行し、早期釈放を目指します
      • 初回相談料は無料、緊急接見費用は、5万円
      • 全国18支店で、平日夜間・土日含め、365日対応

      ※ご相談にはご来所をお願いするケースがあります

今すぐベリーベストへご連絡ください!

脅迫事件に巻き込まれてお困りの方 ご家族が脅迫で逮捕されてしまった方 脅迫事件を会社に知られたくない方

前科をつけず、不起訴処分を勝ち取るために!

脅迫で逮捕!起訴され前科がついてしまったら

脅迫した場合の適用法令

刑法222条(脅迫)

生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。

脅迫とは?

脅迫とは、生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知することをいいます。告知する害悪は、相手を畏怖させるに足りる程度であることが必要ですが、実際に畏怖したことまでは必要ありません。
また、害悪の告知は本人又は親族に対するものに限られ、恋人や友人に危害を加える旨の告知は脅迫にあたりません。

具体的な行為の例
  • ・「殴るぞ」「殺すぞ」と言う
  • ・「お前の家族を痛い目にあわすぞ」と言う
  • ・「告訴するぞ」「訴えるぞ」と言う
  • ・「出火お見舞い申し上げます。火の元ご用心」など暗に放火を示した葉書を送る
脅迫の罰則
  • 2年以下の懲役
  • または
  • 30万円以下の罰金
裁判が終了するまで、1年以上かかることもあります!

刑事上の罰則以外にも!脅迫で起訴された場合のリスク

  • 就職時に調査されることも
  • 海外渡航が制限される
  • 職業が制限される
  • 結婚する際に反対される

前科をつけず、不起訴処分を勝ち取るために!

逮捕後から勾留決定まで、ご家族でも面会できません。

逮捕
(最大72時間)
勾留
(最大10日間)
起訴
勾留延長
(最大10日間)

72時間以内に釈放できないと、20日間勾留されます。
逮捕後、自由に接見できるのは、弁護士のみです。

勾留後、20日間に不起訴を獲得できないと、起訴され前科がつきます。弁護士の活動によって、不起訴を獲得するための最後のチャンスです。

警察に最大23日拘束された場合・・・

  • ・会社をクビになる
  • ・学校を退学処分になる

起訴されると99%が有罪、一方、起訴率は35%
前科をつけないよう、不起訴になることが重要です。

刑事弁護の流れを漫画で解説!

脅迫事件を早期解決!脅迫事件の特徴

脅迫事件を早期解決するには、
被害者と示談することが非常に重要

脅迫の場合、約半数は不起訴で終わっており、被害者との示談が成立すれば不起訴となる可能性が高まります。また、示談が成立すれば早期釈放される可能性が高まります。

脅迫事件の特徴

脅迫被害者と示談できるのは、弁護士だけです!

  • 脅迫事件被害者は、加害者に対して恐怖心を抱いていることも多いため、直接示談交渉することは困難です。また、連絡先がわからない場合には、被害者は加害者に連絡先を教えないため、示談できるのは弁護士だけです。
    示談することで、示談金を払うことになりますが、原則としてそれ以上損害賠償請求されるおそれがなくなります。
脅迫で示談した場合の示談金の相場は?
脅迫の場合、罰金が最大でも30万円であるため、30万円以下となることが多いようです。しかし、犯罪の様態や加害者の社会的地位などによっては30万円を超えることもあります。
公務員の場合は、失職リスクが!特に注意が必要
国家公務員、地方公務員、建築士や保育士は、禁固刑以上の刑に処された場合には、執行猶予であっても失職してしまいます。 医師、薬剤師、保育士は、罰金以上の刑が科された場合、執行猶予であっても失職する恐れがあります。 起訴前に、早急に弁護士に依頼し、示談を成立させ、不起訴を獲得することが重要です。 職を守るためにも、起訴をされないことが何より大切です。

脅迫で逮捕!会社にバレずに早期解決するための3つのポイント

脅迫容疑!弁護活動で前科がつかないことも
弁護士が被害者と示談し、不起訴処分を獲得を目指します

脅迫事件であれば、初犯の場合、被害者との示談が成立すれば不起訴となる見込みが高いです。前科がある場合でも、示談が成立すれば、不起訴となることがあります。

ポイント1
ベリーベストの弁護士なら

早期に示談に向けて活動し、起訴までに被害者と示談を成立させ、不起訴となる可能性があります。

警察署で早期釈放されるために
弁護士が検察官と交渉!異議申し立てをすることで早期釈放も

脅迫で逮捕されると、警察で1日~2日、脅迫容疑に関する取調が行われ、そのまま検察官の取調べを受け、勾留されると最大23日間拘束されます。すぐに刑事弁護に強い弁護士にご依頼ください。

ポイント2
ベリーベストの弁護士なら

弁護士が警察署へ出頭し、異議申し立てをすることで、逮捕せず数時間の取調べの後に解放される可能性があります。

早く留置所から出るための取り調べの注意点
準抗告、保釈請求で身柄が解放されることも

勾留が決定しても、準抗告を申し立てることができます。起訴後は、保釈請求を行うことができます。これらにより、身柄が解放される可能性があります。

ポイント3
ベリーベストの弁護士なら

ご家族に身元引受人になってもらう等、身柄解放への準備を整え、準抗告・保釈請求を行います。

脅迫事件の弁護方針

被害者と示談することが不起訴になる最も有効な手段です

被害者に誠心誠意謝罪し、示談を獲得するために活動します。また、示談と並行して、早期に身柄が解放されるようい関係機関に働きかけます。

逮捕の次の日までに弁護士に依頼を!

否認していても、自分はやったつもりはないが不快な思いをさせて申し訳なかった等謝罪して示談を成立させられる場合がありあます。また、捜査機関に証拠開示を求める、弁護人で証拠を集める等の活動により無罪を訴えていきます。

不起訴獲得実績多数!ベリーベストの解決実績!

脅迫・傷害をはじめ幅広い犯罪の解決実績

  • 不起訴獲得数
    131
  • 示談数
    123
  • 身柄解放数
    123
  • 執行猶予数
    86
解決実績の一例
脅迫
電車内の脅迫で逮捕、弁護士の迅速で粘り強い交渉で示談・不起訴を獲得!
脅迫
知人男性を恐喝したが、同じ過ちを繰り返さない旨を誓約して伝え、被害者との示談が成立。処分保留釈放の後、不起訴となった。
脅迫
元交際相手に脅迫をし逮捕されたが、交渉によって被害者との示談が成立し、不起訴処分となった。

よくある質問

ベリーベストが選ばれる理由

    26
  • 弁護士が警察署へ急行し、早期釈放を目指します。
  • 刑事弁護専門の弁護士が待機。お電話後、30分以内に弁護士と相談可能。
  • お電話で、弁護士から今後の見通し弁護士費用の見積もりをお伝えします。
  • 365日24時間警察署へ急行できるよう専用車を配備し、弁護士がお電話を待機して待っています。
  • 痴漢、傷害事件など
    専門チームが幅広い犯罪に対応
  • 釈放・示談・不起訴
    獲得した豊富な刑事弁護実績!
  • 全国18支店130名以上
    の弁護士が365日対応
  • 遠方弁護士にも
    依頼できる最新のTV会議システム
  • 弁護士自首同行する
    「任意聴取同行サービス」
  • 初回相談料無料
    明瞭な料金体系

初回相談無料!明瞭な料金体系

  • 被疑者、被告人となった方、またはそのご家族からの
    初回相談無料
  • 緊急接見費用5万円
  • 起訴前弁護・起訴後弁護ともに
    着手金30万円~  報酬金30万円~

全国18拠点、130名以上の弁護士がスピード対応

平日夜・土曜・日曜相談可能 / 全国対応可能

ご相談から解決までの流れ

初回接見と通常の相談の流れ

  1. STEP1メール・電話で初回無料相談申込
  2. STEP2弁護士から弁護方針・費用見積もりのご案内
  3. STEP3ご来所・初回無料法律相談
  4. STEP4初回接見ご依頼(逮捕・勾留中の場合)
  5. STEP5刑事弁護のご依頼
問 題 解 決

トピックス

ページトップへ戻る
平日9:30~21:00、土日祝9:30~18:00 
初回相談料無料、お気軽にお問い合わせください。